五島手延うどん「有川そだち」・Aセット│江口元手延製麺《上五島》

2,937  (税込)
江口元手延製麺
001
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

旨い!人気のうどん贈答品五島手延うどん「有川そだち」セット。

三大うどんの一つ、五島手延うどん。
九州名産の五島うどんとつゆの素を詰合せ。

お中元やお歳暮などの贈答好適品としてご推奨します。

五島うどんの料理ご紹介
「地獄炊き」「すき焼きうどん」「冷やしうどん」はおススメの一品。
地獄炊きは、五島列島の家庭料理で、麺通の方には一度是非味わって頂きたい料理です。
すき焼きやしゃぶしゃぶ、水炊きなど鍋物といただく「五島うどん」の味も格別です。
皆様のうどん料理やレシピなどご推薦やご投稿もお待ちいたしております。

■五島列島自慢の家庭料理「地獄炊き」
長崎県五島列島特産の五島手延うどんは、美味しさや手延べ製法による品の薄さから、麺通やグルメの方から「幻のうどん」ともよばれています。
地元では、たっぷりのお湯で茹で上げたあつあつの饂飩をしょうゆやあご(飛魚)だしのたれで食べる「地獄炊き」が定番です。
「地獄炊き」は、大勢の人で鍋を囲みながらいただく素朴で豪快な料理です。
行事食や家庭料理として親しまれてきた五島自慢の饂飩(うどん)料理です。
「地獄炊き」の名は、初めて食べた旅人が「しごくおいしい」とほめたのが、「地獄おいしい」と聞き間違えたのが由来であるといわれています。
【材 料】
五島うどん「有川そだち」適量(80g~100g/一人前)、つけ汁(煮だし汁、みりん、しょうゆ)、薬味(ねぎ、しょうが、かつお節、卵など)
【作り方】
①大鍋に、お湯をたっぷり沸かし、五島手延うどんをいれる。
②煮えてきたら、各自でとっていただく。
つけ汁は醤油だけでも良いし、あごの煮だし汁をみりんで割ったものでもよい。
③卵を割りいれ、好みの薬味を加える

■鍋物通におススメ すき焼きうどん
すき焼きは、江戸時代から見られる料理です。
鍋の代わりに農具の鋤(すき)の金属部分の上で肉を焼いて食べたところから、鋤焼き(すきやき)と呼ばれるようになったようです。
牛肉をネギ・白滝・豆腐などとともに、醤油・砂糖などで調合したたれで煮焼きしながら食べる日本料理として外国にも知られています。
五島うどんは、麺は素麺のように細いのですが煮くずれがなく、すき焼きの肉汁と茹でた五島うどんのハーモニーが、とても美味しいです。
牛しゃぶや豚しゃぶ、餃子鍋、水炊きなど、鍋物通にはおすすめです。
【材 料】 (2人分)
牛肉200gから400g、ねぎ2本、しらたき120g、焼き豆腐1丁、五島手延べうどん「有川そだち」200g、砂糖、醤油、みりん適量。(白菜、春菊を加える方もいらっしゃいます)
【作り方】
①鉄や鋳物の浅鍋に、牛肉をいれ手早く焼き、砂糖、醤油でからめて、順次他の材料を加えて煮る。
関東地方では割り下(煮だし汁に味をつけたもの)を用います。
②煮えてきたら、すき焼きを卵などで各自でとっていただく。
③すき焼きを食した、残った汁に、茹でた五島うどんを加えて煮ると牛肉のだしで、五島手延べうどん「有川そだち」が美味しくいただけます。

■夏バテ予防に、食欲増進・冷やしうどん
夏場の食欲増進には、やはり冷やしうどん。
お好みの具材とたれにつけていただく五島うどんの味は格別です。
麺通の方には、きゅうり、かまぼこ、わかめ、もやし、天かすなどの具材をぶちこんだ「ぶっかけ風」冷やしうどんが人気です。
夏バテの方は、梅肉と薬味を添えてザルうどん風にして、いただくとよいでしょう。
【材 料】 (4人分) 五島うどん「有川そだち」300g、鯛のさしみ200g、きゅうり1/2本、青しそ4枚、大根5cm、生姜20g、青葱5本。
【作り方】 ①乾麺は、たっぷりのお湯を沸騰させ茹でます。(五島うどんの茹で方参照)水にとって冷やし水気をきります。
②きゅうりをうす切り、大根は桂むきにして、千切りにして、けんを作ります。
③皿に氷を敷き、冷たくしたうどんと刺身を盛ります。
あごのだし汁やうどんのだし汁でいただくと五島の味をお試しいただけます。

特定商取引法に基づく表記について

内容量:
五島手延うどん「有川そだち」(300g)×4 つゆの素10g×8袋
保存方法:
常温保存 ※開封後は出来る限り早めにお召上がり下さい