STORY

特集記事

久留米絣(かすり)とは?200年の歴史と伝統、人気の商品をご紹介 | 福岡県の伝統的工芸品・久留米絣

2021/11/15

福岡県の伝統的工芸品「久留米絣(かすり)」は、江戸時代後期、現在の福岡県久留米市に生を受けた「井上伝(1788-1869年)」という12歳の少女によって発明された綿織物です。その後先人たちは工夫を重ね、現在へと受け継ぎながら200年以上経った今でも日本全国で愛され続けています。
広島・岡山の備後絣、愛媛の伊予絣と並んで「日本三大絣」に数えられる久留米絣は、1957年には国重要無形文化財に認定されました。


久留米絣の製造工程

糸の段階から染められ、模様が入った糸で柄を合わせながら織り上げていく久留米絣。
柄づくりから整反まで30もの工程があり、そのひとつひとつの工程に経験と技を必要とし、一反(長さ12m)が出来上がるまでに約2~3カ月を要します。職人たちの「丹念な手仕事」、「自然素材・木綿のもつ風合い」、素朴な中の「精巧な美しさ」は、200年を越える時の集積であり、高度な技術の成果によるものです。


括り

「括り(くくり)」とは、制作する柄にあわせて、経糸と緯糸それぞれの染めない部分を断続的に糸で縛り、防染することです。
括りの精度が反物の完成度を決めるといっても過言ではない重要な工程です。括りには職人が一つひとつ手作業で行う伝統的な「手括り」のほか、自動化された機械によって行われる「機械括り」もあります。


染色

久留米絣の染色は、伝統的な藍染めと、化学染料を用いた染色の大きく2種類に分かれます。
伝統的な藍染めの場合、原料となるスクモに、灰汁・貝汁・日本酒を加え、1~2週間かけて藍液を準備します。藍液に糸をつけ、固く絞り、たたくという作業を繰り返して、糸を染め上げていきます。
化学染料の場合、0.1g単位で細かく調合した染料に数時間つけ込み、多様な色を表現していきます。
染め終わった後、括った糸を解くと白い部分が現れ、糸の模様が出来上がります。


手織りと機械織り

綿糸を先に染めてから織ることで、微妙なズレが生じ、久留米絣の特徴的なかすれ模様となり、プリントとは異なる柄の趣きや風合いが生まれます。
織りも、手織りと機械織りの大きく2種類に分かれます。
手織りの場合、ひとりで約2週間かけて1反(12m)の反物を織り上げます。
機械織りは効率よく生地を量産できるため、産業的な生産や旬の柄を素早く織り上げるのに適しています。


久留米絣の商品

伝統を守りつつ、時代の流れに合わせて変化を遂げてきた久留米絣。
昔ながらの着物だけではなく、ワンピース・もんぺ・スカート・チュニックなどの洋服や、バッグ・小物類など、現代の暮らしに合った商品となり親しまれています。



久留米絣をもっと知る

福岡県八女郡広川町では、久留米絣織元見学や着付け体験、クラフトツアーなどを随時開催しております。ぜひお気軽にご参加の上、久留米絣を手に取ってその魅力を感じてみてください。

①久留米絣の奥深さに感動!久留米絣織元見学・体験

11もの久留米絣の織元が残る広川町では、お問合せに応じた久留米絣の織元見学・体験ができます。括り・染め・織りなど、そのひとつひとつの現場を見て、職人のお話に耳を傾けると、久留米絣の魅力に深く感動します。

■期間:通年(日程は要相談)
■場所:福岡県八女郡広川町内
■料金:藍染体験の場合、ハンカチ1枚あたり2,500円(税込)〜
(織元により異なりますので、詳細はお問い合わせください)
■申込方法:広川町観光協会までご希望の日程・人数・内容(見学・体験など)をお電話ください。
(0943-32-5555)

■参加者コメント
・職人の方から直接お話を聞くことで、より久留米絣の奥深さがわかり、その価値に納得できました。
・染物や織物が好きな方はもちろん、知らない人も知らない世界を知る体験になり良かったです!
・絣のイメージががらっと変わりました。気が遠くなるほどの手間がかかっていること、機械といっても貴重な古い道具で織られていることや、柄や色味に豊富なバリエーションがあることなど。



②色柄豊富で着心地抜群!久留米絣の着付け体験

広川町では、久留米絣の着物の着付け体験ができます。足袋や下駄、巾着も貸し出されるので、手ぶらで参加できます。同じ技法でも色柄が織元ごとに異なる久留米絣。バラエティ豊富な着物・帯の中から好きな柄を選べるのも嬉しいポイントです。絹の着物とはまたちがう着心地の良さを感じながら、いつもと違う気分で広川散策を楽しめます。

■期間:通年、10:00〜16:00
(日程は要相談。16:00までにご返却ください)
■場所:広川町産業展示会館
■料金:1名あたり3,300円(税込)
※1グループ2名から4名まで
■料金に含まれるもの:着付け体験代(着物・帯・足袋・下駄・巾着)、クリーニング代
■所要時間:着付に1時間〜1.5時間
■オプション:定額タクシー 3時間5,500円(税込)
※ご希望の場所や広川町のおすすめスポットへご案内いたします。着物の着崩れの心配もなく、広川町を満喫いただくのにおすすめです。
■申込方法:広川町観光協会までご希望の日程・内容をお電話ください。
(0943-32-5555)

■参加者コメント
・憧れの絣を初めて着てみてなんて着心地が良い着物なんだ‼︎と感動しました。
・着付けの先生が丁寧に仕上げてくださり、最後までストレスなく過ごせました。



③伝統工芸品久留米絣の魅力に迫る 久留米絣クラフトツアー

織元見学や久留米絣を使った体験を通じて、その魅力に迫ります。野菜やくだもの、花なども盛んに生産されており、ツアーでは久留米絣や花をふんだんに使用した空間で広川町ならでは食が堪能できるほか、広川町観光(果物狩り体験、農園見学、秋は人気の「太原のいちょう」見学など)へもガイドに案内していただけます。

■期間:通年
■場所:久留米絣織元「山藍」、広川町産業展示会館など
■料金:1名あたり11,500円(税込) ※5名以上で受付
■料金に含まれるもの:久留米絣織元見学、ガイド、昼食
■内容:11:00 オリエンテーション・久留米絣織元見学 (45分)===11:45 昼食(120分)===14:00 久留米絣織元見学・体験または広川町観光(60分)=== 15:00広川町産業展示会館ご案内(各自解散)
■所要時間:約 4時間
■その他:
・織元見学・体験内容などにご希望がある場合、お問い合わせください。
・久留米絣着付け体験が可能です。1名あたり3,300円(税込)、1時間程度行程が追加となります。
・広川町には11の久留米絣織元があります。午後はご希望に合わせ、午前とは異なる織元の見学、または広川町観光(イチョウ、果物狩り、ガーベラ摘み取り、農家訪問)をご案内いただけます。(果物狩りは料金要相談)
■申込方法:株式会社VISIT九州(福岡県知事登録旅行業 第2−880号、ツアー企画・手配)までご希望の日程・内容をご連絡ください。(メール:info@ps-q.jp)



④久留米絣織元によるオンラインかすりツアー

2021年11月19日(金)に実施した「オンラインかすりツアー」では、久留米絣織元である坂田和生さん(有限会社坂田織物 代表取締役)、冨久洋さん(冨久織物)による久留米絣の製造工程や風合いなどについて、お話をお聞かせいただきました。今後も様々な形で、久留米絣の魅力をお届けしていきます。
※オンライン配信は終了いたしました。たくさんのご視聴誠にありがとうございました。